その日一日の行動を考える

普段何気なく会社に向かって、目の前の仕事をこなすという場合が多いですが、それだけでは効率が悪くなってしまう可能性があります。所謂行き当たりばったりな毎日を送っていると、選択ミスをしたり後悔をする場面が出てきます。しかし、事前に行動を考えておくと行き当たりばったりではないのでより正しい選択ができるようになります。結果的に、正しい選択を続けることで業務が捗るので効率が良くなるということです。時には不測の事態になることもありますが、常に最悪を想定して頭を働かせているとスムーズに乗り切れます。

無駄のない仕事をする

社会人は、営業であっても工場作業であっても体を動かす仕事とデスクワークが混在します。仕事の優先順位はありますが、一度に多くの作業を消化した方が効率は良くなります。例えば、営業で何回も分けてそのエリアに行くより一日で全部回ればそれで終わります。

デスクワークも、早急に仕上げなければいけない書類を仕上げたら、ついでに長期的なプロジェクトの書類も少し進めるなどします。目の前の仕事に振り回されるように動いてしまうと、精神的にも余裕がなくなるのでストレスが溜まってしまいます。あくまでも自分自身で仕事をコントロールするという進め方が望ましいです。

もっと良い方法がないか考える

昔から、何気なく継続している仕事を見直してみるのも有効です。慣れていて体に染みついている作業でも、実はもっと効率の良いやり方が見つかる可能性があります。客観的に自分の仕事を見ると、色々な発見があるものです。

ワークフローとは企業のある業務においての一連の流れのことを指し、その流れを図式化したもののことを言います。