安定した運営が期待できる

代理店・フランチャイズは、自らが一念発起して最初から作り上げるお店ではありません。経営スキームなどは母体から学ぶことができるので、それに沿って運営すれば安定してお店を継続させることも可能です。競争社会なので絶対的な安心はあり得ませんが、1年ほどで潰れてしまうようなお店ではなく、何年も地域に愛されるお店になる可能性を秘めています。

個人商店にはないネームバリューで多くのお客様を呼び込めますし、成功例に習って運営すればチャンスは広がります。

独自にビジネスしたいなら不向き

代理店・フランチャイズは、経営母体の理念に賛同するという形で広がっているので、基本的に理念に反した行動は許されません。自由に運営したいのであれば、独自に個人商店を開業してくださいという話になります。なので、コンビニなどはのれん分けの典型的な存在ですが店内に売っている商品はどこも同じです。一部分、地域の特産品コーナーなどが置かれて特色が見られる場合もありますが基本的に自由度は低いです。シフト作成や人材採用などは各お店に一任されていますが、自分の考えを全て現実にするのは難しいと理解します。

どの業種に注目するか

一口に代理店・フランチャイズと言っても、色々な業種があります。コンビニはもちろん、飲食系やスーパー銭湯などものれん分けしています。いくら経営母体が安定していると言っても、一つ一つのお店を気に掛けてくれる訳ではなく、ある程度オーナーの手腕が必要とされます。なので甘い言葉に乗っかって闇雲に始めるのではなく、ビジョンを見出さないといけません。

会社は顧客と取引を開始する場合直接の取引を希望します。但し顧客又は会社が会社の代行業務を行う代理店を置いた方が双方に取ってメリットがあると判断した場合のみ代理業者を置きます。