EC物流の導入によって

EC物流のアウトソーシング化によって、どのようなメリットがあるのでしょうか。それまで物流業務に割いていた人員を運営や企画に回すことができるため、売り上げ増加のために直截に注力できる点がまず挙げられます。また、人手に余剰が発生するのであれば、その分品質の向上に北いできます。考えてみても、入荷検品に始まり、ピッキングや梱包、それに出荷といった多岐にわたる業務を1社で担うのは相当骨の折れることです。

EC物流パッケージの導入によって、導入前にくらべ導入後には、物流費用を2割も削減できたという実績もあります。さらに、導入によって、全国で地域ごとに一貫していなかった配送料に関しても、全国一律となったことで、大幅なコストの縮減に期待できます。

初心者やネットリテラシーの乏しい事業者でも大丈夫

初めて物流アウトソーシングを利用する場合であっても、少数から利用できます。大規模な企業であっても、ちょっとずつアウトソーシングする場合もあるので、この点については何ら心配することはありません。初心者の事業者であっても分かりやすいフローがあることから、安心して依頼できます。そして、新規立ち上げの時点であっても、対応できます。それどころか、新規でアウトソーシングしている企業であるほうが、対応に関してもスムーズに行い得るのです。パソコンが得意でない、またはネットリテラシーに秀でていないという事業者に対して、手厚いサポートがあることから、至れりつくせりと言い得ます。

EC物流とは、人間対人間のの店舗型の取引ではなく、インターネット等の非対人で行われた取引で発生した物流の事を指します。