適性検査はどうして行われるのか

就職、あるいは転職時に適性検査を行う企業があります。

これは履歴書や職務経歴書だけでは判断できない能力や資質を見極め、会社が求めている人物にふさわしいかを判断する基準の1つにするためです。

どんな種類の適性検査があるのか

適性検査には、基礎学力があるかをみるために計算などを行うものや、性格を判断するために行うものとに主に分かれます。

適性検査で採用されるためにできることはあるのか

就職のための適性検査に備えるには、計算問題や一般常識なら問題集を一冊買って解いてみるとよいでしょう。難読地名の読み方や時事問題など多方面にわたって問題が集められているので、時間がある時に解いておくといざというときに安心です。

計算問題といってもそれほど難しいものではありませんが、確実に速く解けるよう練習して本番に備えておくとよいでしょう。

適性検査を受ける前に

例えば接客業の場合、人と接するのが苦手を通り越して嫌でたまらない人に向いている職業とは言えません。それは適性検査を受けるまでもなく、働く場所を選ぶ時点で避けておくべきです。

採用されても、仕事が合わないために早々に辞めることになっては自分のためにもなりませんし、会社に迷惑をかけてしまいます。

事務系か、営業系かも含め、ある程度自分がやりたい仕事を選んで面接や適性検査を受けるよう準備しましょう。

適性検査はあくまで判断の目安の一つ

就職のためには適性検査の予習も大切ですが、それは採用のための判断基準の1つにすぎません。

ベテランの面接官は書類だけでなく、実際に面接し、何人かで話し合いなどを行わせた結果で欲しい人材を見極めます。

適性検査の対策も必要ですが、採用されたいために事実ではないことを書いたりせず、真摯に向き合う姿勢を忘れないようにすることが大切です。

適性検査とは、会社側が採用の際に、求職者が自社に馴染めるかどうか、どの職種に適性があるのかを調べるための検査です。