お店のイメージが強い

自営業始める場合、どんな職業を選ぶのかは自営業を始める本人が決めることですが、簡単に始める方法としてはリスクの少ないやり方で始めるのが一番ですよ。自営業のイメージとしては、例えば店舗型の クリーニング屋だったり、文房具屋だったり、駄菓子屋だったり、何かを売るお店というイメージが強いかもしれません。自分の店舗を持つというのは自営業者にとって一つの夢だと言えますが、店舗を持たないで自営業始めるという方法もあるんですよ。

いかに支出を抑えるか

店舗を持つということはテナント代を払うということでもあります。土地や物件を丸ごと持っているというならそれに越したことはありませんが、商売をやる上でお金は入ってくるばかりではなく出て行くお金も多いので、採算が取れるように上手く工夫しなければいけません。売り上げがまるまる儲けになるわけではないので、如何に支出を抑えるかというところがポイントになるわけです。そこでオススメしたいのがインターネットビジネスなんですよ。

腐らないものを売るに限る

インターネットを使えば店舗もいらず自営業が開業できます。ただし店舗は持たないにしろ、売るためには在庫が必要となります。ここで考えてほしいのは、どんな在庫なら保管しやすいのかということです。例えば長さ4ミリの小さなネジであればいくらでも在庫を取ることができますが、自転車などの在庫を豊富に揃えるなんていうとスペースが必要になりますよね。初心者がネットビジネスに挑戦する際は、手のひらサイズの小物で尚且つ腐らない物…こういう商品がお勧めですよ。

フランチャイズは、本部のビジネスのノウハウをパッケージ化し、そのパッケージを与えることにより、事業経験がない者でも比較的簡単に事業を始めることができるように構築された仕組みのことです。